FC2ブログ

ひなたであくび

三毛猫と二代目茶色犬(初代は三毛犬)のゆっくりブログです。

ラテ欄  

「新聞から時代を振り返ってみよう。」
190430-01.jpg
上から言うほどのことでもない。






190430-1.jpg
まず平成31年4月30日、本日の朝刊。






190430-2.jpg
カラフルだのう。







190430-3.jpg
昭和64年1月7日の朝刊。






190430-4.jpg
ドラマなどテレビ番組の紹介記事なども出ていますが







190430-5.jpg
その日の夕刊







190430-9.jpg
一斉に特別番組に変更となりました。
あ、教育テレビにN響アワーの文字が。







190430-6.jpg
そして、翌日1月8日から平成元年の始まり。








「・・・・・・大変なことに気付いてしまった。」
190430-7.jpg
・・・なに?







「昔の新聞にTVHがないっ!」
190430-8.jpg
・・・・・・(-_-;)
え~っと、それ、北海道の人しかわかんないよ。

※Tvh(テレビ北海道)
 1989年(平成元年)10月1日開局。
 そのおかげで我々道民は今
 “孤独のグルメ”や“モヤモヤさまぁ~ず2”や“きのう何食べた?”
 などを見ることができるのです。

あれ?そういう話じゃなかったはず・・・・・・
スポンサーサイト



category: ミュウ

tb: --   cm: 0

まあ連休にありがちです  

「♪雨は夜更け過ぎに~♪」
190426-1.jpg









「♪雪へと変わるだろう~♪」
190426-2.jpg
なんで今頃歌うのさ?







「テレビの人が言ってましたよ。」
190426-3.jpg
あぁ・・・







190426-4.jpg
これな。







「ま、でもこうして散歩中に」
190426-5.jpg









「足元の春との出会いもありますよ。」
190426-6.jpg
行ったり来たりの季節だもな。
あんまり積もりませんように。

category: まめ

tb: --   cm: 0

計算が合わない  

へとへとに疲れたある日、少しでも早く眠りたいと思って
がんばっていつもより30分早く布団に入ったら




「ぐっどもーにんぐ♪」
190424-1.jpg
いつもより1時間早くたたき起こされた。







「ま、プラスマイナスゼロってことで。」
190424-2.jpg
どんな方程式使ったら、そんな答え導き出せるんだ?







「・・・内緒。」
190424-3.jpg
顔に肉球パンチを繰り出して
文字通りたたき起こしといてあんた・・・

category: ミュウ

tb: --   cm: 2

季語  

「桜は終わっちゃったけど、梅は間に合うねとか」
190420-1.jpg








「菜の花が咲くと夏が近づいてきたなとか。」
190420-2.jpg
この地では季語と照らし合わせてみると大幅なずれが生じます^^;

自分で作ることはないのですが
日曜の朝に放送しているNHK俳句は楽しくて
時々見ています。
(正確に言うと、起きられたら見る。ですが)
新年度からは第2週の選者が作家の長嶋有さんということで
これはぜひとも!と録画して見ました。
で、この日の題は







「ケロケロ♪」
190420-3.jpg
“蛙の目借時”



・・・え?・・・なんて読むの?
・・・かわずの?・・・めかりどき?
初めて聞いたのですが、何でしょう?

春の季語。
春の陽気についうとうとしてしまうのは蛙が人の目を借りるため。
昔のそんな俗説から出た季語と言われているようです。
面白い言葉を教わったぞ♪
HPを覗いてみたら、特選作品もアップされていたので興味のある方はぜひ→ 
全作品、さすがだなすごいなぁと番組を見ていたのですが
中でも一席の方の作品はしっかり記憶されて
この季節、布団以外の所で抗うことのできない睡魔に襲われたとき
頭の中で呟きながら眠りに落ちていきたいと思いました(-_-)zzz

あ、そうそう。
猫と俳句という組み合わせで




190420-4.jpg
こんな本もあるのです。







「ぢゃすとふぃっと♪」
190420-5.jpg
・・・返して。






「むにゃむにゃ・・・うふふ♪」
190420-6.jpg
んじゃあ、夢の中で吟行してください。

category: ミュウ

tb: --   cm: 2

不思議不思議  

「桜も咲いていないのに」
190417-1.jpg









「夏日とはこれ如何に?」
190417-2.jpg
何故沖縄より気温が高くなるのだ・・・?

ところで先日みな飛んで行ったオツネンさん。
「遠くに行っても元気でねー。」と
(気持ち的には)空に向かって両手を振って送り出したつもりでしたが








「ぬくたいなぁ♪」
190417-3.jpg
・・・玄関前で遭遇。







「あ、どうも♪」
190417-4.jpg
どうも。







「ひゃっこいの♪」
190417-5.jpg
家の周りのまだ残っている雪の上でも数名に出会いました。
もう少しこの辺ちょろちょろしているみたいです。
って、もうほとんど雪溶けているのに
なしてわざわざ雪が残ってる日当たりの悪いところにいるの?


category: ミュウ

tb: --   cm: 4

記憶の中のあまいもん  

「何見て思い出した?」
190413-1.jpg
朝ドラ“なつぞら”
ドラマの中で、お菓子職人演じる安田顕さんが
なにか甘いものを作ってくれと言われ
出てきたのが牛乳、卵、はちみつで作るアイスクリーム。
子供なっちゃんがぽろぽろ涙こぼしながら美味しいと言って食べたアイスクリーム。
その後、みんなでにこにこして美味しいと言って食べたアイスクリーム。

むか~し子供の頃、冬に作ったよ。
牛乳、卵、はちみつではなく砂糖を筒形のプラスチックの容器に入れて
蓋をしっかり閉めてがちゃがちゃ振って、容器をビニール袋に入れて
雪の中に埋めて場所が分かるようにストックを立てて
(冷凍ミカンを作ろうとして雪の中に埋めてわからなくなった経験あり・・・)
雪遊びしたりしながら時々取り出して、また振って埋めてを何度か繰り返してできあがり。
ドラマの中のアイスクリームは白くてなめらかに見えたけど
私が作ったのは黄身色がかった、どちらかというとシャーベット状で味もあっさり。
アイスクリンというのに近かったかな。










「なるほど。」
190413-2.jpg
美味しかったよ♪











「冬の北海道はまるごと冷凍庫!」
190413-3.jpg
・・・そういう話じゃないんだ。
たしかに カツゲンのこともあったけどもさ。
えっと、やっぱりそういう話のような気がしてきた。

category: ミュウ

tb: --   cm: 2

縮んだわけではない  

「・・・なんかきっちきち。」
190411-1.jpg








「座布団ちっちゃいよ。」
190411-2.jpg
ちょっと小さい座布団しかなかったのさ。
いつもの座布団は洗濯したのだよ。
だって誰かが、まあ今この座布団の上にいる子ですけどね
いつもの座布団の上で、げぶしちゃったから。





「・・・ま、ちょうどいいか。」
190411-3.jpg
・・・はみ出しとるがな。
乾いたらちゃんと元に戻すから、もう少しお待ちなさいな。






「ふんふんふ~ん♪」
190411-4.jpg
戻ってきたいつもの座布団の上でごきげん毛づくろい。
せっかくだからもっと真ん中に行けばいいのに。
はしっこで寛ぐもんだから、やっぱり足先ちょっとはみ出してる。

category: ミュウ

tb: --   cm: 0

ここは一つ  

「ん・・・」
190408-1.jpg
一番近くにいたまめから一言。







「ぼくでいいんですか?。」
190408-2.jpg
もちろん。






「道中気をつけてくださいね。幸運を祈ります。」
190408-3.jpg








「ありがとうございます。」
190408-5.jpg
何名かいたオツネンさん。
越冬隊の子も含め気がついたらみんな外の世界に飛んでいったようです。
この子が最後。たぶんずっといた越冬隊の一名。








「そろそろ行きますね。」
190408-6.jpg
今日飛んでいきました。






「最後は笑顔で♪」
190408-4.jpg
よくできました♪

category: まめ

tb: --   cm: 4

ラジオから流れる曲  

たまたまラジオを聴いているとき自分が好きな曲が流れてきたら嬉しい。
自分で聴こうと思っていたわけではないから、特にそう感じると思う。
先日もそんな一曲が流れてきました。
少しだけミュウに歌ってもらいましょう。



「では」
190406-3.jpg








「♪Oh, I'm an alien, I'm a legal alien♪」
190406-1.jpg








「♪I'm an Englishman in New York♪」
190406-2.jpg
スティングの“ Englishman in New York”

昔、この曲をやはりラジオで聴いてて驚いたことがありました。

10年以上前のことですが
カーラジオからこの曲が流れてきたのです。
好きな曲でしたので嬉しいと思って聴いてましたが
途中から
「・・・ん?・・・あれ?・・・日本語になってる?
 え?・・・声も変わってる・・・なに?何が起きた?」となって
よくよく歌詞を聴いた、その時のしょうげき。
スティングのEnglishman in New Yorkは
途中から種浦マサオさんという方が歌う“関西人in Tokyo”という曲にかわっていたのです。
メロディはEnglishman in New Yorkそのまま。
こちらに歌詞を貼っておきます→ 

ラジオ局の方が、スティングからこちらの曲にきれいにつないで流したのですね。
いまだに覚えていて、この機会にYahoo検索してみました。
種浦マサオさんのこのカヴァー曲(というか替え歌?)について
スティングの許可はとってますと当時のDJのお姉さんは言っていたけど
お願いした種浦さんも、OKしたスティングもすごいな・・・(時間は相当かかったようですが)





「私の英語、どお?」
190406-4.jpg
あ、完璧です。

ちなみに Englishman in New Yorkをローマ字入力で一気に変換しようとしたら
イングリッシュ満員ニューヨークとなりました・・・

category: ミュウ

tb: --   cm: 3

土の上の小さな灯  

「るんるん♪」
190405-1.jpg








「お花見つけました。」
190405-2.jpg








「黄色いお花は明るくてあったかくて優しいですね♪」
190405-3.jpg








「ぱあっ♪」
190405-4.jpg
まめよ、これが春だ。
(朝ドラなつぞらナレーションのウッチャン風に)

散歩の時の靴も長靴から短靴に。
足元軽やか、気持ちも軽やかだったのに
今日は雪が降って雨が降って
結局また長靴に逆戻り。
東京は22℃、京都は25℃ってテレビの人が言ってた同じ日なのに。
明日の天気予報のマークは雪だるまが傘さしてるような絵だった・・・

category: まめ

tb: --   cm: 0

open a window slightly   

「いよいよこの時が来た。」
190403-1.jpg









「たった今、今年初めてこの窓が開きました♪」
190403-2.jpg
思った以上に冷たい空気が入ってきて
すぐさま閉めてしまいました・・・へっくしょん!

そんなまだまだ寒い日々の北海道。
そんなある日、母は雪の上に落ちているオツネンさんを発見します。
横になって動かなくなっているオツネンさんを亡くなっているとおもった母は
雪が溶けたら土に還してあげようと
拾い上げて家のプラスチックのかごの中にそっと置いたそうです。
そして次の日、






190403-4.jpg
♪どっこい生きてる!かごの中~♪







190403-3.jpg
その後も雪の上のオツネンさんを何度か発見。
同じようにかごの中に置きました。
かごのすみっこにはコスモスの種など
いろんなものが散らばっていてお見苦しいのですが(^^;
何名いるかわかりますか?
(追記:あちゃ~。書き忘れてしまいました。3名です)



190403-5.jpg
かご組のみなさんは、大体次の日にはこのように移動して
気がついたら再び外の世界へ飛び出していくようです。






190403-6.jpg
我が家の越冬隊2名はまだ滞在中。
不思議なのは、このかごとカーテンは同じ場所にあり
カーテンにはスペースがたっぷりあって止まり心地もよさそうなのに
かご組の子はどうもカーテンには近づいていないようだということです。
なわばりのようなものがあるのでしょうか・・・?
以上、生き物ふしぎ発見の時間でした。(違う)

category: ミュウ

tb: --   cm: 3